聖魔王紀伝 「旅立ち」

ガラナクト・エリア地図

皆さん今日わ。

今日も来て下さってありがとうございます。

今回は、「旅立ち」の舞台ガラナクト=エリアのお話しです。

パンドラ=ベルシュでは、現代地球の感覚の国家はまだ存在しません。

大昔の都市国家の感覚です。

しかし、大きく区分けされた十の区域があり、

其々を守護神が守っています。

現代地球で言うなら、多くくりで、アジアとか、

ヨーロッパ、南北アメリカと言う処です。

舞台のガラナクト=エリアの守護神はイシュール。

本神殿はエレベス・トレの近郊にあります。

ガラナクト・エリアの南イベルカ湾を挟んで、

アナトリア・エリア ( 守護神はユリアナ)。

サブヒロインのジウリア救出の為、

火薬使って燃やしたアズリ砦、

義妹救出の為にはリリクの娼館で、偽ウイルスをばら撒きと

トラブルメーカーのマリン=エルが

法を逃れる為に目指したのがこのアナトリアです。

(昔描いた色鉛筆画 まだデジタル画をやってなかった頃)

物語は今取り組んでいる聖魔王紀伝Ⅱ「烏姫」から

地球へとかわります。まずは、古代日本。

その次のⅢ「夢現」では東南アジア、その次が中東。

そしてまたパンドラ=ベルシュに戻って来ます。

はああ、実は私の書く小説って、

大概原稿用紙200枚超えるんですよね。

「旅立ち」と「烏姫」は100枚位ですが。

今後もその都度小説の設定、人物、地図等を載せていきます。

是非補足説明としてお楽しみ下さい。

帆立のママン

田舎で細々一人で農作物を作って農協さんに出してます。宇宙、ミステリー、神秘的なものが大好きなおばさんです。エクスマ塾99期生。只今英会話勉強中〜。

帆立のママンをフォローする
記事
帆立のママンをフォローする
帆立のママンノベルズ
タイトルとURLをコピーしました