聖魔王紀伝Ⅰ 「旅立ち」

パンドラ=ベルシュの世界

皆さん、今日わ。

今日も訪れて下さってありがとうございます。

今回は「聖魔王紀伝」の宇宙と言うか、

世界の解説をしていきます。

物語は惑星パンドラ=ベルシュと地球が舞台です。

小説でも説明していてますが、

惑星パンドラ=ベルシュはジャイアントインパクトで、出来た惑星です。

ジャイアントインパクトは、天体物理の仮説で、月が出来た経緯で

太陽系創成期、惑星テイア(まだ惑星になりきってない頃)が、

地球に(やっぱり惑星になりきってない頃)衝突して出来た。

と、言うものです。

※ 月の形成に関しては、他にも仮説があり、

どれも矛盾があり完全に説明できていません。

例えば、ジャイアントインパクトでは、

月は地球より古い昔に形成されたようですが、

この矛盾が説明出来ません。※

ま、取り敢えずパンドラ=ベルシュは

そのジャイアントインパクトで生じたと言う設定です。

但し、時空が地球と異なります。

故に地球からはパンドラ=ベルシュは見えません。

また、パンドラ=ベルシュからは、太陽と月は見えません。

代わりに、昼夜空には地球が見えています。

このフアンタジーのアイデアの一つに、

“ 神隠し”、“ 人間消失 “のミステリーがあります。

ー 彼等は何処に行ったのか?

時空の狭間か、パラレルワールドか?

思えば、私がまだ中学、高校生の頃物理の先生が、

( ふっ、もう45年位昔。はい、わたくし今年63でおます。)

「俺にも全く理解できないのだが、

宇宙は無数に存在するのだそうだ。」と、授業で言った。

マルチバース宇宙論の事。

今や、フアンタジー、SF好きなら誰でも分かる。

また、ジャイアントインパクトみたいな究極の衝突なら、

時空を超えるかも知れない。

なんてたって重力が空間曲げるのは、実証済み。

そしたらさー、

都市伝説にM9の巨大地震でも、それっぽい現象が起きたって

話しがある!( 飽く迄も都市伝説!)

惑星パンドラ=ベルシュはそんな天文物理やら都市伝説が

ごちゃ混ぜの理論?の世界です。

そして、この話は主人公マリン=エルの謎を追いながら、

他にも謎が湧いて出て来るミステリーでもあります。

残念ながら、本格推理、探偵ミステリーでは無いので、

完璧な答え合わせはありませんが、

ストーリーを俯瞰する解答はあります。

そー言えばさ〜?

私がハマっている「ロード※※※※※※※※の事件簿」

あれって凄いよねえ〜。

魔術フアンタジーなのに、ガチの推理物!

誰がやったか? どんな犯行か?

を考えずに動機を探りながら犯人、手口まで暴くの!

きっちり100%の解答を出す。

いや〜、面白いわあ❣️

ミステリーとフアンタジー好きな方、オススメします。

「 聖魔王紀伝 」は時間経過で言うと、

1000年を超える話しなので、きっちりしてしまうと、

返って歴史と言うそのもののミステリーが損なわれる。

謎を残したままのミステリーで、寧ろ解明出来ない事で、

番外編みたいなあなたなりのミステリーを想像して下さいね。

では、最後までのお付き合いをありがとうございます😊

帆立のママン

田舎で細々一人で農作物を作って農協さんに出してます。宇宙、ミステリー、神秘的なものが大好きなおばさんです。エクスマ塾99期生。只今英会話勉強中〜。

帆立のママンをフォローする
記事
帆立のママンをフォローする
帆立のママンノベルズ
タイトルとURLをコピーしました