聖魔王紀伝Ⅰ 「旅立ち」

主人公マリン=エルの紹介

主人公 マリン=エル

地球と次元を異にするパンドラ=ベルシュの魔界に育つ。

魔教教育機関 魔教本院の長老ヴィオ=ラスが養父。

魔教本院を卒業後、魔族として一人立ちして、

人間界にやってきて、そこで一人の少女と出会う。

性格勝気、父ヴィオ=ラスに深い愛情を持っている。

しかし、ヴィオ=ラスはそれ程でもない。

なにせ、魔族だから。にも関わらず大切に育てた。

何故に?

魔教本院の成績は中の上位。

最初、このキャラは男の子の予定だったのだけど、

その男の子は後のシリーズの主人公として、

物語に出す事にしました。

このマリン=エルとこの男の子(魔族)とは、

結構ドロドロだったりする。

長いシリーズのお話になりますので、

どうぞ、お楽しみ下さい。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

帆立のママン

田舎で細々一人で農作物を作って農協さんに出してます。宇宙、ミステリー、神秘的なものが大好きなおばさんです。エクスマ塾99期生。只今英会話勉強中〜。

帆立のママンをフォローする
記事
帆立のママンをフォローする
帆立のママンノベルズ
タイトルとURLをコピーしました